毎年流行するインフルエンザ治療薬で最も使われているのは間違いなくタミフルでしょう。タミフルはインフルエンザの発症後に服用するのはもちろん、予防薬として使うことも可能です。こちらのサイトでタミフルの服用方法について学び、インフルエンザ対策をしましょう。

  • ホーム
  • タミフルとアルコールの服用と抗体との関係

タミフルとアルコールの服用と抗体との関係

抗インフルエンザウイルス薬であるタミフルは、インフルエンザの症状にかかった場合の症状を緩和させる働きがあり、初期症状が現れた場合や予防する場合に服用する薬です。
薬理作用の一つにインフルエンザウイルスが体内に増殖する上では、ノイラミニダーゼという酵素が必要で、その酵素の生成を阻害することで増殖自体を抑え込みます。
仮にインフルエンザに罹った場合にタミフルを服用すれば、その治り自体も1日ほど早まると言われており、早まることで体力の消費、体の熱や痛みなどの症状から解放することも可能です。
また人がインフルエンザにかかると体内に抗体を作り出し、再度、インフルエンザにかかりにくくなると言われますが、それでも必ずしも絶対ではなく1シーズンにつき、二回もインフルエンザにかかった症例もあります。
予防接種を受けた場合には、人間の体内に抗体を作り出すまで、約1ヶ月程度かかると言われています。しかも予防接種を受けたからといってもインフルエンザにかからず安心ということも出来ません。
またタミフルはアルコールと一緒に服用することは控えた方が良いです。
その理由としては、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの副作用が存在しますが、その副作用自体がアルコールを飲むことで強くなる可能性があるからとなります。
またアルコールが体内の水分を奪うことで逆にインフルエンザウイルスの働き自体を抑えることができないため、悪化する可能性もあります。
インフルエンザの治療においては、体内の脱水症状を防ぐことが重要なポイントになるため、念入りな水分の補給を欠かすことができません。
もし仮にタミフルと一緒にアルコールを飲んでしまったケースでは、水分補給を欠かさずに注意をし、熱などの症状が治ってからアルコールを飲むことを心がける様にします。